【禁煙30日目】喫煙とハゲの関係性。喫煙者の薄毛問題を調べた結果

自分が禁煙をしてから調べるのもなんかずるい気がしたのですが、、、

ニコチンとハゲには何か関係性があるのでは?とふと思いました。

というのも、喫煙者は薄毛になるという噂をよく聞いていたので気になったのもあります。

という事で喫煙(ニコチン摂取)とハゲについて独自に調べてみました。

禁煙はハゲ(薄毛)に効果はあるのか?

頭皮の血行が良くないと抜け毛が多くなり、次第に薄毛の道へと進んでしまうのは有名な話ですよね。

ニコチンを摂取するとどうなりますか?

ニコチンを摂取すると数秒で脳にいきわたり血管が収縮します。

それによって血液の巡りが悪くなります。

髪の毛を作り出す「毛母細胞」にも影響を与えてしまいます。

髪の毛に必要な栄養分が十分に送り届けることが出来なくなり、髪の毛が痩せてしまいます。

結果、頭皮があらわになってきてしまいます。薄毛です。

関連性がある症状

ニコチン摂取により、血行が悪くなると低体温になったりすることもあります。
低体温で悩んでいる人は喫煙が原因とも考えられますね。

禁煙によるストレスもハゲ(薄毛)の原因かも?

「喫煙はストレス解消だ!」

「禁煙こそストレスになる!」

と、わけのわからない事言っている人が稀にいます。

果たしてそうなのでしょうか?ボクは断じてそうは思いません。

喫煙は体に多大なストレスを与えています。

血管を収縮させ血行を悪くさせる。これってかなりのストレスですよね。

それに比べて禁煙のストレスったら微々たるものです。体に悪いことはしてないんですから。

喫煙するとビタミンCが消費される?ハゲ(薄毛)との関係は?

これ、調べてみてびっくりしたんですが、たばこを吸うとビタミンCが消費されるんです。

具体的に言うと、たばこを1本吸うたびに25mgのビタミンCが消費されます。

さて、「活性酸素」というものはご存知ですか?

活性酸素とは?

体の老化など様々な悪影響を及ぼす物体。「体のさび」とも言われています。

この活性酸素を取り除くために消費されるものこそ「ビタミンC」なんです。

同じような働きをするもので「ビタミンE」もそうです。

たばこを吸うごとにビタミンCが消費されることによって老化が進み、循環機能が低下します。

循環機能が低下すると体に必要な栄養素が十分に行き渡らなくなってしまいます。

頭皮も例外ではありません。薄毛の原因にもなりえますね。

自分髪の毛は自分で守る時代なんですね。

>>抜け毛対策はこちら<<

喫煙は白髪の原因の考えられるかも?

これは憶測ですが喫煙により必要な栄養素が十分に行き渡らないことを考えると

喫煙が白髪の原因にもなるという事が十分に考えられるのでないでしょうか。

現に非喫煙者の70代の知人がいますが、未だに白髪が数えるくらいしかありません。

一回も白髪染めなどしたことがないと言っていましたし、すごく若々しいんです。

あくまでも憶測ですよ。

やっぱり禁煙はした方が体には良い

体の循環機能や血管の収縮、ビタミンの消費などを考えると

禁煙はしたほうが絶対に体には良いですね。

調べれば調べるほど実感します。

禁煙をして良かったな、と。

たばこを吸う事での体へのストレス。

これは確実におわかりいただけたのではないかと思います。

「いまさら」

じゃなくて

「いまから」

です。

遅いなんてことはありません、いまから禁煙を始めましょう。

まずは1ヵ月から禁煙を始めませんか?

禁煙なんて無理...

たばこが吸いたくてしょうがない...

やめたいと思っててもやめられない...

 

あなたはこんな風に思っていませんか?

ニコチンは刻一刻とあなたの身体を蝕みます。

まずは1ヵ月、禁煙にチャレンジしてみましょう。

\3週間のタバコ代で禁煙が出来る!/

詳しくはこちらから禁煙!タバコから開放されよう!

禁煙生活
おすすめの記事