吸わない禁煙はもう古い!吸いながら出来る禁煙方法とは?

禁煙と聞くとたばこを吸うのを辞めるというのが一般的です。
なぜなら、体にニコチンを取り入れなくする手っ取り早い方法だからです。
しかし、ストレスも溜まりやすい。
結果、禁煙は3日坊主で終わってしまう、というケースがあるあるです。

こうなってしまうと自分は禁煙なんかできない、と思い込んでしまうのです。

まずは禁煙が出来ない理由を知ること

禁煙が出来ない人ほど意志が弱いと思われがちですが、実はそうでもないんですよね。

一般的に言われている意志が弱いからというのは言い訳でしかないんです。なぜならもう1年以上禁煙をしているボクはどちらかというと意志が弱い方だからです。

すなわち、禁煙が出来ないのは意志が弱いからではなく、習慣化されている行為があるため禁煙が出来ないと考えられます。

たばこを吸うという独特な行為の習慣化

習慣化されている事を無くすというのは基本的に難しいですよね。

ただ、薄れさせていくと考えればそう難しい事ではないように思えます。

この事を考えた時、最初に思い浮かぶ事はたばこを吸うという習慣を新しく習慣を追加させる事によって徐々に新しい習慣にシフトチェンジさせていく考え方。

簡単に言えば『たばこを吸う』を『ガムを噛む』にシフトチェンジする事です。

考えてみれば理に適った禁煙方法ですよね。

しかし、この方法で禁煙出来る人と禁煙出来ない人では禁煙が出来ない人の方が多いというのが現実。

なぜ?

答えは簡単、この二つの習慣は全く違うものだからです。

喫煙と禁煙それぞれのメリット

ボクも含めて人ってメリットを求めるものですよね?

なので、ここで少し心理的な話をします。

人は行動に移す時、メリットを感じて行動する事が多いです。では、喫煙するメリットは何なのか?

冷静に考えれば喫煙のメリットなんか一つも無いのですが、あなたは初めて喫煙をしようと思った時、何を思いましたか?

ボクが考える喫煙のメリットは以下の通りてます。

喫煙のメリット

喫煙は身体に対してデメリットしかありません。しかし、その事をわかっている上でたばこを吸う人はたくさんいるというのが現状。

よってこのようなメリットを感じたと考えます。(実体験を含め)

  • たばこを吸う仕草が男らしい(カッコいい)
  • 精神的に落ち着くように感じる
  • 金銭的余裕があるように見える
  • 不良(ワル)への憧れ

思い当たる節があると思います。少なくともボクはこのほとんどが当てはまります。

今現在のボクが言える事は、これら全て勘違いだったという事。

身体にとってマイナスにしかなりませんでした。

禁煙によるメリット

では禁煙する事のメリットとはどのような事が考えられるでしょう?

今も禁煙を継続しているボクの実体験をもとに挙げるとしたらこのような事が考えられます。

  • 疲れにくくなる
  • お金が減らない
  • 時間に余裕が持てる
  • クサイと言われない
  • 喫煙場所を探さなくても良い

禁煙してまずあからさまに実感できるのは疲れにくくなる事です。

疲れにくくなるというのは、肺への負担が軽くなったからだと思います。

次にお金の問題。

たばこを1日1箱吸うという人は単純計算で月に15000円くらい使っている事になります。

結構なもんですよね…

禁煙は人にもよりますが、確実に体を良い方向に導いてくれます。

自分だけではありません、周りの人にもです。今問題視されている受動喫煙、これもあなたの禁煙で解決に向かう事でしょう。

禁煙が出来ないという人のために

どうしても禁煙が出来ない、我慢が出来ない、この気持ち痛いほどわかります…

だってボクもそうでしたから。

ボクだって失敗続きでした。

で、

考えました。なぜ禁煙が出来ないのか、我慢が出来ないのか。

まずは、意識の低さ。

禁煙を始めてみるものの、誰にも言わずに始めていました。そして知らない周りの人間はたばこを勧めてきます。

周りのせいにしているわけではないのですが、禁煙しているという事を周りに認知させる事は重要だと思いました。

そう、1人で始めるのではなく、協力を求めるのです。

これにより成功率はグンと上がります。

この次の壁だったのが吸う事への執着です。

もはや吸う事が生活の一部となっていたボクは、吸わなければ何も手をつけられない状態でした。これがニコチン依存。

事と事の間に一服、ご飯の後に一服。

恐ろしいほどに吸う事に執着していました。

これをどうにかしないと禁煙は無理、代替え品を考えました。

吸う事への執着は代替え品で乗り越える

真っ先に思い浮かんだのは電子タバコです。

ニコチンが入ってないリキッドを気化してその水蒸気を吸い込むものですね。

ものは試しと即コンビニで購入。

感想としてはイマイチ。

吸う事は出来ますが味も何も無く、飽きてしまい断念。

吸う事+αがあれば続けられそう、微かな手応えをもとにネットで探した結果たどり着いたのはターレスプラスというもの。

ターレスプラスというのは簡単に言うと電子タバコにアロマのリラックス効果をプラスしてようなものです。

アロマは嗅ぐものと認識していたのですが吸う事で香りだけでなく、味でもリラックスが出来るんですね!

これが見事にハマり、ニコチン離れに踏み出せました。

今ではこのターレスプラスさえも必要なく、何かを吸いたいという気持ちも無くなりました。

吸いながら出来る禁煙 まとめ

禁煙に失敗してきたボクが最後にたどり着いた禁煙方法は、吸いながら出来る禁煙でした。

1番重要だと思った事は、出来る事から始めるという事。

これに限ります。

特にボクは吸う事に執着していたので、ターレスプラスに感謝ですね。

もともとアロマも好きなので。

継続という言葉は、無理をしない、出来る事からコツコツと、この2つから成り立つ言葉だと思います。

最終的にはそれが習慣に変わります。

まずは出来る事から始めてみましょう。

 

 

\\新感覚な禁煙を始めるなら//

 

あざまがTwitterで待ってます!!
禁煙生活
おすすめの記事